スマホを盗撮発見器に見立てて、盗撮カメラを探す方法

スマホを使って盗撮発見器を手軽に試す方法

盗聴によるプライバシーの侵害や、機密情報の漏えいが問題視されますが、盗聴被害よりも多く報告されているのが盗撮被害です。
ビデオカメラやモバイル端末の性能が向上したことで、小型のカメラが手軽に手に入れることができるようになったことも影響してか、近年はカメラによる盗撮被害が急激に増えているという話を耳にします。

特に女性は、自宅や外出先のトイレ、職場などの更衣室に盗撮カメラが仕掛けられ被害に遭うケースがあります。
こうした盗撮カメラを見つけるための調査を警備会社や探偵がおこなっています。

この盗撮カメラを見つけるときに活躍するのが、盗撮発見器です。
盗撮発見器は、ネット通販などで販売されているものを購入して、自分でも盗撮カメラを探すことができます。しかし、盗撮発見器は1台購入するのにも、数万円する場合が多く、簡単には手を出すのは難しいと思われます。

そこで、身近なものでも盗撮発見器として利用することができる物として、スマートフォンを使った盗撮発見の方法があります。

スマートフォンを使って盗撮カメラを見つけるのに必要なのは、スマートフォンに備えられているカメラです。現在のスマートフォンに備えられているカメラは高解像度の物が多く、それらの多くが赤外線も感知するものです。

この赤外線を感知する機能を使って盗撮カメラを見つけることができます。

やり方は簡単です。

スマートフォンに取り付けられているカメラを起動し、盗撮カメラが仕掛けられているかもしれない場所をカメラ越しに見るだけです。
このとき、出来るだけ部屋の中を暗くしておけば、盗撮カメラが仕掛けられていると発見しやすくなります。

盗撮カメラを発見すると、スマートフォン越しに見た場所で、一部が光を反射したように映る場所があると、そこに盗撮カメラが隠されている可能性があります。

スマホを盗撮発見器として利用する場合の注意点として、現在持っているスマホのカメラが赤外線対応、またはナイター対応機能が搭載されているかを確認してください。
これらの機能が搭載されていないスマホのカメラでは、盗撮カメラを見つけることができません。

また、最近では、スマートフォンのカメラを暗視カメラのようにして使うアプリケーションも登場しています。このアプリが盗撮発見器として有効かどうかは、検証が必要ですが、こういったツールを盗撮発見器として使って、簡単に盗撮カメラを見つけることができれば、もうけものだと思います。